活動レポート

HOME > 活動レポート > まちづくりスクール後期 終了しました!

まちづくりスクール後期 終了しました!

2014年11月12日(水)

先週末で終わりました、まちづくりスクールの報告です。
私はスタッフブログの投稿が初めてですので、読みづらかったらごめんなさい。

s-IMG_5047.jpg

UDCK設立の半年後から始まったUDCKまちづくりスクール。今年でもう8年目になります。
毎回その時話題の言葉をテーマに選んでいますが、後期は「コミュニティデザイン―創造的な場としてのコミュニティ―」というテーマで10月4日から全4回の連続講座を開講しました。

グループワークも行っているので定員は30名に限定させていただいていますが、締め切るタイミングを逃してしまい、あれよあれよという間に39名の受講生が集まりました。
秋の行楽シーズンでお忙しい中、みなさん非常に高い出席率でご参加いただきまして、本当にありがとうございました。私は受講生の意欲の高さがとても心地よかったです。みなさんはいかがでしたか?

実際にコミュニティ活動の運営を担っている方、すぐ近隣にお住いの方、企業家の方、学生さん、様々な方にお集まりいただきましたが、受講生にとって新たな刺激になったり、何か得るものがあれば幸いです。

運営側としては毎回時間が押してしまったり、ワークショップも時間が足りず消化不良だったんじゃないかな、とか毎回ひやひやおろおろしていましたが、今回お呼びした講師はどの方も果てしなく素晴らしく、ぜひUDCKで講演してほしかった方々です。コミュニティデザインに関わる先生方はこんなに魅力的なんだなと、感じていただければまずは成功かなと思っています。今回講師の方にはテーマに沿ったお話しをしていただいたので、また何かの機会を見つけてお呼びしていきたいなと思います。

コミュニティデザインという概念は、まだまだ新しい単語です。以前のまちづくりスクールでご講演いただいた山崎亮さんが『コミュニティデザイン』という本を出したことからテレビで取り上げられ、少しずつ認知度が上がってきた状況です。国内で「コミュニティデザイナー」を名乗る方もまだまだ少数です。(ちなみにコミュニティデザインという言葉自体はかつては住宅の配置計画を指したそうで、現在は新しい解釈の言葉に生まれ変わりつつあります)。コミュニティデザインを「人のつながりのデザイン」と定義するのであれば、この仕事をされている方はいろんな分野に渡り、たくさんいるなと企画した次第です。
様々な分野で、コミュニティ(ある団体だったり、社会全体に向けていることもあります)をよりよくしていこうと仕掛けていらっしゃる方たち。しかも、それを創造的にまちへ仕掛けようとしている人たちに焦点を当てたつもりです。

4回の講座ではどこまで伝えられたかわかりませんが、人と人をつないでいこうとするとき、間にできる関係は否応なく変化していること、しかしそれを創造的に乗り越えていくことにまた新しい社会の価値が見えてくるのではないかと思っています。まちづくりでは「ハード・ソフト」なんて分けられることがあります。ハードは建物や道路など目に見える建造物を主に指し、ソフトはイベントや人とのつながりなど目には見えにくいものを指すことが多いようですが、そのどっちがよいでもなく、どっちが先でもなく、お互いを理解し合い、協力するように仕向け、横断していく人も重要だなと思っています。私はどちらかというと人をベースに考えていく側ですので、次回もまた魅力的な人の仕掛けに関する企画をしていきたいなと思っています。

スクールはまた来年度も開催予定です。お楽しみに!(豊)


s-IMG_5299.jpg
s-IMG_5415.jpg
s-IMG_5526.jpg
s-IMG_6810.jpg
s-IMG_6867.jpg
s-IMG_6951.jpg
s-IMG_7184.jpg

活動レポート

月別

UDCKについて
柏の葉のまちづくり
活動レポート
学習・研究・提案
実証実験・事業創出
デザインマネジメント
エリアマネジメント
アクセス
ツアー・視察のご案内
UDCK mail news
お知らせ
報道発表