2015年7月のアーカイブ:活動レポート

HOME > 活動レポート > 2015年7月のアーカイブ

(レポート)UDCKまちづくりスクール2015前期、終了しました!

2015年07月31日(金)

UDCKまちづくりスクール2015前期のテーマは「都市の活力を支えるソウゾウ―創造性と想像力―」でした。今年で9年目、通算16回目が終了しました。今回も非常に高い出席率でご参加いただきまして、本当にありがとうございました。30名の受講生を迎え、5回中4回以上出席の修了生は今回20名でした。
s-IMG_2576.jpg

6月6日から約1か月半、全5回の連続講座を開講しました。
第1回 「イントロダクション~柏の葉の取り組み~」
 -出口敦氏(UDCKセンター長/東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授)
 -小山田裕彦氏(UDCK アートコミュニケーションディレクター)
 -大須賀芳宏氏(KOIL[柏の葉オープンイノベーションラボ] コミュニケーションディレクター)
初回は出口校長より柏の葉の概要と創造都市に関するイントロダクション。
そして、柏の葉にまつわる創造・想像の話として、小山田氏にはピノキオプロジェクトを中心に話していただきながら柏の葉アート展開のこれまでについて、大須賀氏からはイノベーションの話やKOIL内で起こっているコラボレーションやコミュニティビジネスのお話を頂きました。
s-IMG_1933.jpg
第2回 「創造性が都市を変える~横浜市:創造都市の取り組み~」
 -秋元康幸氏(横浜市建築局企画部長/元・文化観光局創造都市推進部長)
横浜市が行う創造都市事業について、行政としての位置づけや目標を伺い、実際のプロジェクト「CREATIVE CITY」「芸術不動産」「横浜トリエンナーレ」などの事例の紹介していただきました。後半はたまプラーザ駅周辺で行われている次世代郊外まちづくりの話をしていただきました。受講生は住民創発プロジェクトに興味が高かった模様。
s-IMG_2221.jpg
第3回 「アートの拠点でまちと文化をつなぐ」
 -中村政人氏(3331 Arts Chiyoda 統括ディレクター/東京藝術大学美術学部教授)
アーツ千代田3331やTRANS ARTS TOKYO、ゼロダテの事例の他、街なかにアートを仕掛けるようになったきっかけ、価値と価値のスキマを創造する領域横断的な考えや新しい価値が生まれるためのクリエイティブプロセスなどの話、学校の教育やお金では買うことのできない文化資本の話などをしていただきました。
s-IMG_2464.jpg
第4回 「未来に向けた市民のソウゾウ性の活かし方を考える」
 -長津結一郎氏(NPO法人多様性と境界に関する対話と表現の研究所/慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所)
自分の資源を再認識し、境界に関する対話のワークショップを行っていただきました。ワールドカフェ方式で行った「〈私〉の思いがつながっているまちってどんなまち?」では他者の感じ方の違いが受講生にとって大きな刺激になったようです。
s-IMG_2758.jpg
第5回「市民のソウゾウ性を街に還元する」
 -熊倉純子氏(取手アートプロジェクト実施本部長/東京藝術大学音楽学部教授)
「サンセルフホテル」で起こる住民の妄想、北千住で行われている「Memorial Rebirth千住」の市民の関わりの変化の事例を用いながら、アーティストと市民の関係性が変わってきていて共創的芸術活動が起こっていること、人の関係を資本と捉える社会関係資本が形成され、その中でも橋渡し型社会関係資本が新たなネットワークを作り出すことなどをお話しいただきました。
s-IMG_2822.jpg

柏の葉キャンパス駅前は昨年度にゲートスクエアができて、とてもきれいになりました。(夜の風景もとてもきれいです)
建物や道がどんどんできていく一方で「味気ない」「ドライな感じがする」「雑多な感じがほしい」といった声も時々聞かれます。それって何が足りないことの表れなのでしょうか?雑多な感じとはどうすれば生まれるのでしょうか?
そんな疑問から今回のテーマを設定させていただきました。
「カタチのないもの」はよくわからない、と感じるかもしれません。でも日々生活する中で人々はカタチのない「何か」を明らかに欲していて、うまく言葉にできなくてもそれがあるかないかきちんと感じ取っているのではないかなと日々思っています。まだまだ掘り下げていく必要のある分野ですが、引き続き考える場を設けていきたいと思います。
各講師がご紹介した事例のように、創造・想像が街になんらか有効な事例は一様ではありません。鍵となる事象は共通していたとしても、そこにたどり着くまでのプロセスやかかった時間もケースバイケースです。
それでも創造性も想像力も、街にとって欠かせないもので、これからはもっと意識されていくものだと感じています。

参加いただいた方は柏の葉近隣住民・在勤の方が半数以上を占め、その他にも大学関係者、行政職員、アートに関心がある方、県外や西東京からもご参加いただきました。それぞれ異なるバックグランドをもっていらっしゃったので、講義に対する関心の場所も様々でした。受講いただいた皆様、ありがとうございました。みなさんにとって新たな刺激になったり、何か得るものがあれば幸いです。
(UDCKにて過去の講義資料が閲覧できますので、よろしければご覧ください。)
スクール担当 豊田

s-IMG_2933.jpg

(レポート)UDCK公開講座「まちとアートの関係性」

2015年07月03日(金)

「UDCK公開講座 まちとアートの関係性」
講師: 藤浩志氏(十和田市現代美術館館長/秋田公立美術大学美術学部教授)
日時: 2015年3月30日(月)18:00 -20:00
会場: 東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト1階ホール
主催: 一般社団法人柏の葉アーバンデザインセンター[UDCK]
参加: 48 名
s-150330WEB_FUJI.jpg
未来に向けて新しいまちづくりが進展する柏の葉キャンパス。まちに夢を与え、新たなコミュニティを生み出すきかっけとして、まちそのものを創造的な学びの舞台とする「五感の学校」を中心に、ピノキオプロジェクト、マルシェコロール、はっぱっぱ体操など、多くのアートプログラムが仕掛けられてきました。開発が後半に入る今後に向けて、まちとアートはどのような関係が考えられるのでしょうか?

レポートがすっかり遅くなってしまいましたが、昨年度末に行われたUDCK公開講座のレポートです。
美術家であり、十和田市現代美術館館長でいらっしゃる藤浩志氏をお招きして、活動の背景やアートがまちに入り込むことによって変化したことなど「まちとアートの関係性」についてご講演いただき、後半では都市計画事務所に勤務していた経歴も持つ藤氏に柏の葉はどのように映るのか、今後の可能性も含めて出口センター長と対談していただきました。
告知ページ・藤氏のプロフィール

第一部「まちとアートの関係性」講師:藤浩志氏
0040_original.jpg第一部では藤氏の作品や地域に対する思い、これまでの活動についてお話いただきました。
●学生時代のゲリラ作品。思わぬ社会からの反応
●藤氏にとっての「美術」とは
●藤氏が地域を素材にしたことについて
●仕組みを地域にインストールする
●作品の展開、場を作る
●『藤島八十郎を作る』。不在の人を存在させるのは関係性
●風と土と水と光の人
●部室について『部室ビルダーかえるぐみ』
●十和田での活動

0046_original.jpg藤氏は出会う人が「どんな性質をもっているのか(何をいじることが好きなのか)」を必ず聞きます。配布資料としてお配りしたのは藤氏のこれまでの経歴。 並べることや埋め尽くすことを自分の性質としていらっしゃる藤氏らしい、資料でした。


第二部「柏の葉の文化とは」
対談:藤浩志氏×出口敦(当センター長/東京大学大学院新領域創成科学研究科教授) 
0088_original.jpg第二部では出口センター長と「柏の葉の文化」について対談していただきました。
お二人が20代に同じ都市計画事務所に勤めていたときのお互いの印象から話は始まり、その後デザインとアートの話、イメージの前にある「もやもや」「フィーリング」の話、アーティストと都市デザインの視点や関わり方の違い。アートセンター、デザインセンターの役割や、余白のある都市づくりについて、最後は活動の見える化についてなど、非常に濃い時間でした。
0069_original.jpg


藤氏には柏駅周辺、柏の葉周辺の見学、ピノキオプロジェクトのキックオフミーティングのアドバイス、公開講座のあとは交流会と丸一日お付き合いいただきました。本当にありがとうございました。
講座の参加者は中学生・高校生・近隣住民・まちづくり関係者・柏の葉まちづくりに参画している方と、多彩な方に聞いていただけ、うれしい限りです。藤氏には今後ぜひ柏の葉に関わっていただきたいですし、アートや文化とまちの関係について皆さんと考える機会をもっと増やしていきたいと思っています。


活動レポート

月別

UDCKについて
柏の葉のまちづくり
活動レポート
学習・研究・提案
実証実験・事業創出
デザインマネジメント
エリアマネジメント
アクセス
ツアー・視察のご案内
UDCK mail news
お知らせ
報道発表