活動レポート

HOME > 活動レポート

(レポート)1月Kサロンを開催しました | 参加型音楽祭渋谷ズンチャカ!から学ぶ「まちのプロジェクト」のつくり方

2020年02月13日(木)

2020年1月のテーマは音楽とまちづくり

UDCK主催、月に1度開催している「柏の葉のまちの交流会 Kサロン」を1月29日(水曜日)に開催しましたのでレポートします。
Kサロンはその時々のテーマについてスピーカーが話し、その話題について参加者さん、スピーカーさん、UDCKスタッフが話したり、自由に交流できる場です。

SON00400.JPG

今回のゲストは ヤマハミュージックジャパン 音楽の街づくり推進課(おとまち)から細田幸子(ほそだ・さちこ)さんをお呼びしました。
細田さんは東京渋谷で年に1度開催されている「渋谷ズンチャカ!」の担当として、プロジェクトの立ち上げから現在まで伴走しています。

ヤマハおとまち https://jp.yamaha.com/sp/otomachi/
渋谷ズンチャカ! https://shibuya-zunchaka.com/

SON00391.JPGゲストの細田さん

音楽が持っている「人と人とをつなげる力」を使ってコミュニティの連携を強化したり、市民が参加できる仕組みをつくったり・・・とまちの課題や社会課題にアプローチしているヤマハのおとまち。実はすでに柏市でも活動をしています。
柏市、柏市社会福祉協議会と一緒に教育などの分野で活躍できる「地域ファシリテーター」を育成する講座を、ドラムサークルという方法を用いて行っています。

柏市以外でも、例えばマンションの住民同士の仲間づくりや地域づくりに「住民ビッグバンド養成講座」という方法で近隣同士、お隣同士の繋がりを生んで、住民に愛されるマスコット的なバンドを生んでいます。

どの事例も聞いているだけでワクワクして、自分でも参加してみたくなります。

渋谷ズンチャカ!のすごさはどこにあるのか?

そして参加者さんが楽しみにしていた渋谷ズンチャカ!の話題に。
昨年2019の予告動画はこちら。あの渋谷の街が1日だけ音楽に解放されて、生き生きと演奏する人の姿に見入ってしまいます。

記録動画や写真をみんなで観ながら、細田さんのお話は進みます。

プロジェクト立ち上げから携わっている細田さんの口から何度も出たのが「チームズンチャカ!」という言葉。
いわゆる「お手伝い」や「ボランティア」とは少し違う、渋谷ズンチャカ!の主体となっている集団のことです。このチームを「プロチーム」が手伝って企画から実現まで、サポートしているそうです。このプロチームのことを登山でいう「シェルパ役」だと表現されていたのが印象的でした。

参加者さんから「すごーい!」と声が漏れたのがズンチャカ!の組織図が映し出された瞬間でした。「主催」「共催」「後援」「協力」・・・と多くの団体が並び、でも企画は「チームズンチャカ!」が担い、それをしっかりとプロチームと運営事務局が支える。
多種多様な人や団体を巻き込みながら成長してきたプロジェクトの中身に、思わずため息が出てしまいました。
SON00424.JPG

参加者さんの質問もたくさん出て、予定していた「柏の葉の街で市民参加型の音楽祭をするなら!?」というお題のワークショップの時間が短くなってしまいましたが、細田さんのトークに刺激を受けた参加者さんと、楽しくアイデア出しができました。

DSC01949.JPG

音楽イベントに限らず、街でプロジェクトを始める時によくあるのが「やりたいことはあるけど仲間がいない」という悩み。
また、いざスタートさせた後に出てくるのが「継続できるのか?」「担い手が不足してくる」という問題。

おとまちとしても、また個々のプロジェクトでもやはりそれらの点は常に悩みながら、挑戦や周囲との調整を繰り返しながら成長しているようです。

ここ柏の葉で「何か新しく、楽しいことを・・・」とみんなで妄想しながら、少しだけ肩が軽くなったような、少し先の風景が見えてきたようなそんな夜になりました。

ヤマハおとまち の細田さん、ご参加いただいたみなさま本当にありがとうございます。次は企画のタネを持ち寄って再会したいですね!!

UDCKディレクター 八崎 篤

*オフショットを含む写真アルバムはFacebookでチェック→ Kサロンアルバム

■これまでの様子はこちら
■この回の概要はこちら

(レポート)12月Kサロンを開催しました | まちづくりと教育。柏の葉ではじまるダビンチプロジェクト

2019年12月23日(月)

今月のテーマはまちづくりと教育

UDCK主催、月に1度開催している「柏の葉のまちの交流会 Kサロン」を11月27日(水曜日)に開催しましたのでレポートします。
Kサロンはその時々のテーマについてスピーカーが話し、その話題について参加者さん、スピーカーさん、UDCKスタッフが話したり、自由に交流できる場です。

SON00102.JPG

2019年最後のKサロンは、通常より1週間早い12/18に開催しました。テーマは「まち育」。ここ柏の葉のまちをフィールドにして「まちと学び、まちを育てる まち育」いうプロジェクトが今始まろうとしています。このプロジェクトを主導する(株)あんふぁにのMac Funamizuさんと、T-KIDSシェアスクールの上原康大さんをゲストに招きました。

SON00084.JPG

今月の参加者さんは16名。教育がテーマだったからでしょうか、親子連れが3組も。生後2ヶ月半のKサロン最年少参加者さんもいて、年齢層の幅が広い会となりました。

プレゼンの前に乾杯と少しお食事を楽しみます。今回も食事は柏の葉キャンパス駅前にある飲食店横丁「かけだし横丁」の run & cafe bunny burrow (website) さんにケータリングをお願いしました。

T-KIDSが目指す未来の教育

まずはT-KIDSの上原さんによるトーク。柏の葉T-SITE内に探究学習型の教室T-KIDSがオープンしてもうすぐ3年。様々な企業と連携して子どもたちが「ホンモノ」の体験し、自分の進みたい道を見つけるサポートをしています。今回はそのプログラムを少しだけみんなで体験しました。

SON00097.JPG
SON00090.JPG
SON00091.JPG

ただ「問題」と「答え」があるような問いではなく、探究したり、今ある知識を組み合わせたり。そんな学力だけでは解決できない学びに、参加者さんも刺激されて思わず笑顔がこぼれます。

ダヴィンチプロジェクトとは

次に株式会社あんふぁにのMac Funamizuさんのトークが続きます。まちの起業家が伴走しながら、子どもたちがプロジェクト開発やイベント企画を体験するプロジェクト「あんとれサンデー」「あんとれサマー」を柏の葉で継続してきたMacさん。
プログラムに参加した子どもはもちろん、メンターとして加わった大人たちにとっても深い学びとなっているそうです。

SON00103.JPG

この子どもと大人が一緒になって学ぶ取り組みを、施設の中や教室の中だけでなく「まち」へと広げていこうというプロジェクトが「ダビンチプロジェクト」です。
まちと学び、まちを育てる「まち育」という考え方をベースに、まちの起業家、企業、工場や個人なども参加して製品やサービスを設計していきます。そこで生まれるのは「金銭」だけではなく「つながり」や「居場所」、それが「自己肯定感」を育てていくのではないでしょうか。

SON00106.JPG

自分のリソースを活かしてできることを考えよう

お二人のこれまでの取り組みと今後の展望から刺激を受けた参加者さんと、引き続きグループワークをしていきます。自分の「好きなこと」「得意なこと」「できること」を付箋に書き出し、チームで共有。
グループで「実現できる可能性」「自分ごとにできるか」の2つの軸でアイデアをプロットしていきます。
SON00112.JPG
SON00115.JPG
各チームそれぞれ面白そうなアイデアがたくさんでました。そして最後は「この企画私も参加したい!」と感じたものに各自名刺や、連絡先を記入した付箋を貼っていきます。
今夜生まれたアイデアやつながりから、まちの中で新しい取り組みが生まれるように、UDCKはサポートしていきます。相談ごとなどがあればお気軽にいらしてくださいね!

SON00122.JPG
最後は恒例の記念写真。
今年のKサロンは今日で終了です。来年は1月29日(水)にUDCKで19時から開始です。今年たくさん参加してくれた方も、なかなか予定が合わずに来れなかった方もぜひお待ちしております!

UDCKディレクター 八崎 篤

*オフショットを含む写真アルバムはFacebookでチェック→ Kサロンアルバム

■これまでの様子はこちら
■この回の概要はこちら

(レポート)11月Kサロンを開催しました | 世界のスマートシティ事情と柏の葉の現在地

2019年11月29日(金)

今月はUDCK海外視察レポート

UDCK主催、月に1度開催している「柏の葉のまちの交流会 Kサロン」を11月27日(水曜日)に開催しましたのでレポートします。
Kサロンはその時々のテーマについてスピーカーが話し、その話題について参加者さん、スピーカーさん、UDCKスタッフが話したり、自由に交流できる場です。

SON06664.JPG
SON06665.JPG

今月のテーマは「海外視察レポート ロシアと北欧のスマートシティ事情」。スピーカーはUDCK副センター長 三牧です。
参加者さんは22名。年齢層の幅は下は10代から上は50台までと広く、お住いの地域も半分は地元(柏の葉、柏たなか)、もう半分は市外からという内訳でした。
SON06655.JPG
まずは乾杯してしばしお食事タイム。今回も食事は柏の葉キャンパス駅前にある飲食店横丁「かけだし横丁」の run & cafe bunny burrow (website) さんにケータリングをお願いしました。

モスクワ、ストックホルム、ヘルシンキのスマートシティ事情

新技術や官民データを活用しつつ都市や地域の課題を解決するスマートシティ。
私たちの街、柏の葉は国土交通省の「先行モデルプロジェクト」に選定され、さまざまな分野で先進的な取り組みを進めています。今年度のUDCK海外視察は世界のスマートシティの潮流を学ぶためにヨーロッパを訪問しました。

まずはモスクワ。今回視察した都市の中では最も規模が大きいロシアの首都。急激な人口の増加のため、住宅が慢性的に不足していて都市開発がスピード感を持って進んでいます。民間のディベロッパーが大規模な集合住宅を建設していて、エネルギーの一括管理やアプリでの家電操作などのスマートシティ的な要素を盛り込んで販売をしているそうです。

SON06666.JPG

北欧に移動してスウェーデンの首都ストックホルム。ストックホルム旧市街地の美しい写真も紹介しつつ、ICT関連を中心とする産業都市Kistaへ。
エリクソン社を核とした「産」に「学」が加わり、多くのスタートアップ企業が育っているとのこと。新産業の創造は、住民も巻き込んだ「都市のデジタル化」の実証実験と並行して進められているそうで、柏の葉でも参考になりそう。常に世界への技術展開を意識して取り組んでいるというのが印象的でした。
SON06668.JPG

最後はフィンランド。首都ヘルシンキのKalasatama地区は発電所を含む旧工業地域。「One more hour a day」を理念として掲げて日常の無駄を省き、作業や生活を新技術で効率化しようと取り組んでいます。
こういうわかりやすい理念を伝えることで、住民のデータの提供へのバリヤーが低くなり、実証実験への参加がしやすくなることでプロジェクトの質とスピードが上がるという良い流れができそうです。
「新技術や官民データを活用しつつ・・・・」というスマートシティの取り組みはわかりづらく、ともすると生活者の目線とはズレてしまったり、置き去りにしてしまう可能性があることを感じてたのでとても勉強になりました。

柏の葉の現在地は

海外のスマートシティ視察を経て、私たち柏の葉はどう取り組みを進めていくべきでしょうか?
ロシア、スウェーデン、フィンランドのスマートシティの事情の一部を知り、皆さんはどう感じましたか?

公・民・学というスキームでまちづくりに取り組んでいる柏の葉から見て、どの街でもキーワードとして出てきた「Government / Public」「Academic」「Industry」に「Citizen」を加えたquadruple helix=四重螺旋が絡み合って開発・まちづくりを進めている様子は、とても親近感が湧くと同時に、これまでとこれからの方向性を再確認できました。

都市計画も、まちづくりも、これから私たちが進めるスマートシティ化も、やはり「市民と一緒に進める」ことが重要だと思います。
そして日本はもちろん世界をリードしていく存在でありたいですね。

SON06663.JPG
SON06662.JPG
SON06660.JPG

後半は参加者、スピーカー、UDCKスタッフが交流

約1時間のプレゼンのあとはみんなで交流の時間。テーブルごとに難しい話も他愛もない話も。初参加のかたも多かったのですが、とても盛り上がっていました。
UDCKとしても定期的に住民さんとお話できる貴重な会として、今後も大事にしていきます。まだ参加したことがない方は次回以降ぜひ一度遊びに来てください。

SON06679.JPG

*オフショットを含む写真アルバムはFacebookでチェック→ Kサロンアルバム

■これまでの様子はこちら
■この回の概要はこちら

(レポート)UDCKまちづくりスクール2019年度前期 終了しました!

2019年11月21日(木)

スタートから13年目、今回で通算24回目となるUDCKまちづくりスクール。
テーマは「アーバンデザインは健康寿命を伸ばすことができるのか?」。多彩なゲスト講師をお呼びして、約20名のスクール生のみなさんとまちづくりについて学びました。

第1回 9/14(土) 10〜14時(レクチャー・交流会)

歩きたくなる街を目指す柏の葉ウォーカブルデザインと海外・国内のケーススタディ
-花里真道 氏 千葉大学予防医学センター・健康都市空間デザイン学分野・准教授
-出口敦 UDCKセンター長、東京大学教授

初回はテーマに沿った2つのレクチャーでインプットを中心にした内容でした。

レクチャー1は、UDCKセンター長・東京大学教授の出口 敦から「柏の葉のまちづくりとUDCKの取組み」。

SON04841.JPG

レクチャー2は、ゲスト講師に千葉大学予防医学センター・健康都市空間デザイン学分野・准教授の花里真道氏をお迎えて「歩きたくなる街を目指す柏の葉ウォーカブルデザイン
〜環境が健康におよぼす影響とは?〜」でした。

SON04885.JPG

SON05003.JPG

「生活しているだけで健康になる」ように、都市のプランニングや環境を整える「ゼロ次予防」の考え方や、ウォーカブルシティが生み出す価値、ウォーカブルな都市とクリエイティビティの関係、周辺環境が疾病(心臓病、糖尿病、認知症など)の発症率に影響を与えることなど、本当にたくさんの気づきを得られました。

後半は出口センター長と花里氏のクロストーク。駅前の利便性が高く「あまり歩かなくてもよい」柏の葉と、「ある程度歩かざるを得ない」横浜市との比較や、ウォーカブルデザインガイドラインについての質疑をスクール生と一緒に進めていきました。

SON05040.JPG

SON05112.JPG

講義後の交流会ではスクール生同士でお話しする時間を設けて、これから最終回まで一緒に学ぶ下地を作りました。

SON05168.JPG

第2回 10/6(日) 10〜13時(レクチャー・フィールドワーク)

自分の状態を記録し、認識し、継続する。「個」を動かすデザイン
-小林吉之 氏 国立研究開発法人産業技術総合研究所 人間拡張研究センター 運動機能拡張研究チーム付き 博士(人間科学)

SON05379.JPG

まずは前回の振り返りから。初回の講師花里先生のスライドをホワイトボードに張り出し、スクール生とスクール事務局とでと気づきを付箋に貼って共有。感じたことをディスカッションして今回の学びに備えます。

SON05384.JPG

ゲストは産総研の小林吉之さんをお招きしました。長らく「歩行」に関しての研究を続けている小林さん。これまでの研究の紹介と、現在取り組んでいる「歩行属性判定システム HOLMES」についてレクチャーをしていただきました。
運動習慣がない人の意識をどうやって変えていくか、「歩行年齢」という仕分け方法をとっている理由、今後の研究によっては街ごとに歩き方の特徴をブランディングできるかもしれない!などの内容にスクール生も興味深く学んでいました。

SON05413.JPG

この日はあいにくの雨模様でしたが、HOLMESを身につけてまち歩き体験も実施しました。

SON05403.JPG
SON05417.JPG
HOLMESを装着し、スマートフォンとペアリング。外出する前にデモをするスクール生。

SON05424.JPG
SON05438.JPG
SON05442.JPG

雨の中、アクアテラス周辺まで歩いて歩行計測を行うスクール生も。自分の状態を知ることができるデバイスは「歩くこと」を実行する手助けになっているようでした。

SON05450.JPG
SON05451.JPG
まち歩きを終えて結果をシェアするスクール生のみなさん。レクチャーと屋外での活動を織り交ぜることで、より学びが深くなったようです。

第3回 10/20(日) 10〜13時(レクチャー・ワークショップ)

プロスポーツクラブが都市に活力を与え市民を健康にする〜スポーツコミュニティの形成と持続〜
-TACHIKAWA DICE.EXE (3×3プロバスケットチーム)副本部長 岩下光明 氏

DSC01089.JPG

ゲストは TACHIKAWA DICE(3×3プロバスケットチーム)の副理事長、まちづくり立川代表取締役の岩下光明さん。1つのプロスポーツクラブができたことで立川の街で何が起こっているのか、設立から現在までの歩みとこれからの展望をレクチャーしていただきました。

DSC01050.JPG

自身がコミュニティビジネスを展開することになった理由、立川市でまちづくりを担う法人「株式会社まちづくり立川」のこと、立川ダイス設立までのスピード感やその熱量が伝わってくる、とても良いレクチャーでした。

DSC01062.JPG

レクチャーのあとは架空のチーム「柏の葉〇〇」のコミュニティ担当としてファンクラブの会員を獲得し、コミュニティを創り、維持するための戦略を練るミニグループワークを実施。

DSC01072.JPG
DSC01077.JPG
DSC01081.JPG
DSC01087.JPG

スクールの最後には各チームごとに戦略を発表。面白いアイデアが出てきました。出たアイデアを立川市で試験的に行う可能性もあるとのこと。
柏の葉にプロスポーツを中心にしたコミュニティがあることを想定したグループワークで、3回目までのスクールでの学びを一旦落とし込めたのではないでしょうか。

街の人の共通の話題となり「競技する」「楽しむ」「応援する」という様々な関わり方ができるスポーツの可能性はやはり大きいです。
運動をするのはもちろん、運動をしている人を見るだけでも抗うつ効果があるという研究結果もうなづけます。

第4回 10/27(日) 10〜14時(レクチャー・ワーク・交流会)

「歩きたくなる街 柏の葉」を目指して
〜柏の葉の健康まちづくりを推進する市民参加型のプロジェクトをデザインする〜

-柏の葉アーバンデザインセンターUDCK副センター長 三牧浩也
-同ディレクター 青木公隆(建築都市)、八崎篤(地域連携)

スクール最終回はグループワークによるアウトプット中心のカリキュラムでした。
まずは前回のスクールの振り返りから。グループワークの発表の様子を撮影した動画を使って学びの共有を。
DSCF6014.JPG

次に話題提供としてUDCKディレクターの青木公隆より『健康まちづくり部会の取り組み「柏の葉ウェルネスウォーキング」』についてミニレクチャー。柏の葉での取り組みの振り返りや現状抱えている問題、課題等をスクール生と共有しました。

DSCF6040.JPG

残りの時間は2チームに分けてグループワークを実施。「柏の葉の健康まちづくりを推進する市民参加型のプロジェクトをデザインする」という課題に取り組みました。

DSCF6085.JPG
DSCF6114.JPG
DSCF6139.JPG
DSCF6153.JPG

サービス、イベント、プロダクト、テーマも「食」「ファッション」「エンタメ」「コミュニティ」「アート」など、時間ギリギリまで全員で頑張って19の企画の卵が生まれてきました。

プロジェクトシートに書き込まれたアイデア全てを全員で見て回り、質問やアイデアに対する感想ぶつけあいました。最後はまちづくりスクールを共催している柏市まちづくり公社の酒井理事長、UDCK副センター長三牧が講評を行いました。
DSCF6163.JPG
DSCF6182.JPG
DSCF6194.JPG

スクール生が考えたアイデアのプロジェクトシートは こちら から全て見れます!!

全4回にわたって「アーバンデザインは健康寿命を伸ばすことができるのか?」をテーマに進めてきた今期のUDCKまちづくりスクール。都市計画でできること、コミュニティビルディングやマネージメントでできること、個人または集団で取り組むべきことなど、私たちにできることがまだまだたくさんあることを再認識しました。
それはまちづくりの専門家だけでなく、街で生活している人たち、施設などと一緒に取り組むべきことが多いように感じました。

スクール生のみなさんも、講師陣からのレクチャーとアクティビティ、学びを深めるグループワークを通じて多くのことを感じ取っていたようです。
ぜひ今回のスクールでの経験を活かし、自分たちの街や自分の生活にエッセンスを取り入れてもらえると嬉しいです。

また、今回出てきた19のアイデアの1つでも2つでも柏の葉の街でトライしてみませんか?継続して学んだり、活動するサポートが必要がある場合はぜひUDCKまでご相談ください。

スクール生のみなさま、貴重なレクチャーをいただいた講師のみなさま、本当にありがとうございました!!

UDCKまちづくりスクール担当 ディレクター八崎 篤

DSCF6204.JPG

(レポート)10月Kサロンを開催しました | レイソルも柏の葉の街も、まちの人も。もっと楽しくできるはず

2019年10月31日(木)

テーマは:プロスポーツクラブが街にある、その価値

SON06409.JPG

毎月UDCKで開催している「柏の葉のまちの交流会」Kサロンを10月30日(水)に実施しました。今月のタイトルは「今夜だけは「柏の葉 レイソル!!! プロスポーツクラブが街にあると・・・」です。

ゲストスピーカーは株式会社SEPT CEO 代表取締役 境原貴洋さん。柏レイソルに関係するお仕事を10年近く続けられている方なので、ここでしか聞けない話題が飛び出そうです。

SON06411.JPG

SON06410.JPG

今回は23名の方々が交流会に参加してくれました。テーマがレイソルだったので・・・・正装=ユニフォームで来てくれた人も多く、白いシャツを着ていた担当ディレクターは少し焦りましたが、心優しいレイソルサポーターの女性が黄色いタオルマフラーを貸してくれて事なきを得ました。

レイソルについて詳しく知ろう!

柏市をホームタウンとして活動している柏レイソル。歴史のある名門クラブとしてサポーターから愛されています。
タイトルを獲得したシーズンもあり、J2降格も3度味わい、、、というかなりドラマチックな歴史を経て、現在J2の舞台でJ1復帰を目指して奮闘しています。そのジェットコースターのような歴史や、「聖地」と呼ばれているホームスタジアム「日立台(三協フロンテア柏スタジアム)」のこと、マスコットのレイくんのことなど、境原さんのトークは楽しく進んでいきます。

Kサロンに駆けつけてくれたレイソルサポーターも懐かしがったり、時には当時の悔しい気持ちを思い出しながら。レイソルに詳しくない参加者さんも初歩的な質問をしたり、同じテーブルのサポーターに教わりながらKサロンの時間は進んでいきました。

SON06414.JPG

SON06418.JPG

SON06420.JPG

レイソルも街も、まちの人も。もっと楽しくできるはず

境原さんのプレゼンの後は、お酒を飲みながら「柏の葉でレイソルというクラブを活かすには」「レイソルに対する要望」など自由に思いついたアイデアをホワイトボードに書いてもらいました。
「レイソル」「サッカー」というテーマで、詳しい人もそうでない人も気軽に話して、一緒に考える。とても良い時間でした。
SON06436.JPG

SON06429.JPG

SON06440.JPG

SON06443.JPG

IMG_4988.JPG*クリックすると回転が元どおりになって読みやすいです

現在J1,J2,J3全てのクラブを合わせると55クラブ。
都道府県数47に対する数字「55」は多いと感じるかもしれませんが、市区町村数1,741だとたったの3%です。私たちはこの貴重な機会を暮らしの中の楽しいエッセンスとして、もっと活かしてみても良いのかもしれません。

SON06446.JPG
ゲストの境原さん、参加してくれた23名のみなさま、そして写真素材の提供など、Kサロンにご協力いただいた柏レイソルさん、本当にありがとうございました!!

今日をきっかけに気軽に集まってホームゲームを観戦したり、アウェイの試合を柏の葉で飲みながら観戦したりしたいですね。ぜひまた集まりましょうー!

UDCKディレクター 八崎 篤

*オフショットを含む写真アルバムはFacebookでチェック→ Kサロンアルバム

■これまでの様子はこちら
■この回の概要はこちら

活動レポート

月別

UDCKについて
柏の葉のまちづくり
柏の葉景観協議に関して
活動レポート
学習・研究・提案
実証実験・事業創出
デザインマネジメント
エリアマネジメント
ツアー・視察のご案内
UDCK mail news
お知らせ