活動レポート

HOME > 活動レポート

(レポート)6月Kサロンを開催しました | みんなでいきものにワクワクした2時間

2019年06月27日(木)

テーマは柏の葉の親水広場アクアテラス

SON00978 2.JPG

毎月最終水曜日の夜に開催しているUDCK主催のまちの交流会「Kサロン」を、今月も6月26日に開催し、 15名の方々にご参加いただきました。
今回のゲストスピーカーはVIVISTOP柏の葉の佐藤桃子さんです。
テーマは「都市でもいきものにワクワクできる!アクアテラスを探究したい人いませんか?」です。

SON02320.JPG

アクアテラスラボの活動
調整池としての役割を保ちつつ、水辺のパブリックスペースとして2016年にオープンしたアクアテラス。普段は入水禁止ですが、特別に子どもたちと一緒にいきもの調査をしている「アクアテラスラボ」の成果を、柏の葉のまちのひとにシェアする会となりました。

SON02294.JPG

スクラップボックスというwebサービスを使って記録して、一般に公開している調査結果を今回は印刷してカードにしてきてくれました。すごい数! Aqua Terrace Lab.のscrap boxをみてみる
さっそく参加者さんみんなでカードを囲んであれこれお話が始まりました。

SON02330.JPG
SON02333.JPG
SON02335.JPG
SON02343.JPG
実際にアクアテラスラボのメンバーとして調査に参加した男の子も来てくれました。楽しかった調査を思い出したかな?
1年間で4回の予定、3回目まで終了していてたくさんのいきものが見つかったようです。カメや雷魚、コイにエビ、昆虫もたくさん見つけてきちんと記録しています。

SON02354.JPG

大人の参加者さんも佐藤桃子さんのトークに刺激を受けたのか、子どもの頃にいきものに接した記憶が次々に蘇ってきます。

SON02363.JPG

UDCKに設置しているアクアテラス周辺(柏の葉イノベーションキャンパス地区)の模型を囲んで、トークはさらに盛り上がります。

SON023666.JPG

探究って楽しい!

「職場の前に気持ち良くて、いかにも生物がいそうな池があったら探究したくなるでしょ!!」と言う佐藤さん。確かにそんな気はしますが・・・実際にきちんと手続きをして、子どもたちを巻き込んでやってしまうのはすごいことです。そしてしっかりと成果物として記録を残す!これはとっても大事なことですね。

SON02367.JPG
質問もたくさん出ました。でもアクアテラスは大雨が降ると生態系ごと流れてしまう調整池なので、明確な答えはないかもしれない。このフィールドの生き物はどこから来て、どこへ行くのか?その謎をあれこれ考えるのがアクアテラス探究の楽しさかもしれません。

SON02349.JPG

いきものをつまみにお酒を飲みながら交流が進む、とってもいい会になりました。

アクアテラスラボ 7/7の活動に参加しませんか?

7/2追記 7/7の活動は延期
雨天が予想されるので延期となりました
日程は調整中です。
下記にあるVIVISTOPのFBページ等でご確認ください。

これまではVIVISTOP柏の葉の会員の子どもたちだけが参加していたアクアテラスラボのいきもの調査、全4回の最終回はまちのみんなが参加できるそうです。

アクアテラスラボのフィールドワークは9時から11時アクアテラスでおこないます。9時に直接アクアテラスに来てもらえればOK。

ただし、雨天時は中止したり内容変更したりすることがあるので、事前にVIVISTOP柏の葉のFacebookページにメッセージをもらえると嬉しいとのこと。

VIVISTOP柏の葉 Facebookページ

SON02384.JPG

最後はみんなでお気に入りの「いきものカード」を持って記念撮影。
ご参加いただいたみなさま、ゲストの佐藤桃子さん、本当にありがとうございました。次はアクアテラスで会いましょうー!

当日の記録MOVIEも作成しましたので、ぜひご覧ください。

*オフショットを含む写真アルバムはFacebookでチェック→ Kサロンアルバム
*次回Kサロンは7月31日に開催します。テーマ等の詳細はまたこちらでもお知らせします。

■これまでの様子はこちら
■この回の概要はこちら

(レポート)第2回柏の葉ウェルネスウォーキングを開催しました

2019年06月04日(火)

2019年5月25日、晴天の中第2回柏の葉ウェルネスウォーキングを開催しました。
今年一番の暑さの中、50人近い方々に参加して頂きました。

SON00279.jpeg

ウォーキングサロンでは、千葉大学花里先生と慶応大学山内先生によりショートレクチャーと、参加者にはウォーキング前に歩くことを改めて振り返って頂くアンケートを実施しました。
DSC03144.JPG
SON00268.jpeg

コースは初心者から上級者まで5つのコースを用意。しっかり歩きたい!という要望にも応えて、柏たなかまで歩くコースも加わりました。

SON00303.jpeg
SON00374.jpeg
SON00402.jpeg
DSC00612.JPG


とても暑い日でしたが、各コースの参加者は、講師の先生やスタッフとともにウォーキングを楽しんで頂けだようでした!
ウォーキング後は、柏の葉の地図にウォーキング中に感じたことを書き込むワークショップを実施し、様々な意見が集まりました。
アクアテラスやこんぶくろ池公園などの自然豊かな道はとても人気ですね。

SON00474.jpeg
SON00581.jpeg
DSC03226.JPG

次回の開催時期はまだ未定ですが、またのご参加をお待ちしております!!

(レポート)5月Kサロンを開催しました | parkrunが柏の葉にやってきた!

2019年05月30日(木)

「テーマは柏の葉parkrun」

毎月最終水曜日の夜に開催しているUDCK主催のまちの交流会「Kサロン」を、今月も5月29日に開催し、23名の方々にご参加いただきました。
今回のゲストスピーカーは柏の葉parkrunのイベントディレクター池谷(いけや)さんです。

SON00610.JPG

柏の葉でのボランティア説明会に参加したことがきっかけで、イベントディレクターを任されるようになった池谷さん。はじめての経験で不安はなかったのでしょうか?

「parkrunはとてもシステマチック。シンプルだからこそ世界中に広がっている」

ランナーの登録や、ランの記録、ボランティアの登録や運営方法は世界共通のフォーマットで統一されていて、やりたい人(ボランティア)、できる環境(公園・コース)さえ揃えば自分の街でもできそうです。

SON00613.JPG

「朝の公園は想像の5倍爽やかで、また走りたくなる」

毎週土曜日の朝、5kmの距離を、自分の好きなペースで完走or完歩するparkrunを柏の葉公園で実施するために、毎週テストランを繰り返す柏の葉parkrunチーム。
ランスタートの30分前、7:30に待ち合わせして準備をするそうです。朝の日差しや風は思ったよりも心地よく、土曜日の早起きもあまり苦にならないとか。ランが終わり、事後処理等をしてもまだ10時前。週末の過ごし方が変わったそうです。

SON00616.JPG
SON00644.JPG

「ランの後がparkrunコミュニティの一番楽しいところかもしれない」

同じ日の、同じ時間の、同じ場所でparkrunに参加することで知らない人ともすぐに会話ができる。ランの後、公園の近くのカフェで、今日のコースの感想や、今まで参加したことのある違う場所のparkrunについて話す参加者の姿は世界中で見られるそうです。柏の葉の土曜の朝の新しい風景になるかもしれませんね。

池谷さんのトークの後は交流会。以前からparkrunを知ってる人、今夜はじめて知った人もお酒や食事を楽しみながら会話を楽しみました。
SON00649.JPG
SON00647.JPG
SON00624.JPG
SON00659.JPG
海外のparkrunにも多数参加している方も。「世界中どこで参加しても楽しい。言葉があまり通じなくても音楽の話題がきっかけで仲良くなれるように、parkrunが共通言語のような役割をする。この楽しさは一度参加してみないとわからない!」と熱く語ってくれました。今夜のKサロンはparkrunの魅力を20%くらいしか伝えられていないそうです。これは参加しなければ!

「6月8日はみんなでparkrunしましょう」

2019年6月8日土曜日の朝8:00に柏の葉parkrunはいよいよスタートします。
大人も子どもも、早い人も遅い人も。国籍を超えて楽しめるparkrun。柏の葉にお住いの方はぜひいつもより早起きして参加してみてはいかがでしょうか?

集合場所は県立柏の葉公園コミュニティ体育館前朝8時少し前です!

柏の葉parkrun Facebookページ
柏の葉parkrun webpage

柏の葉parkrunの池谷さん、ご参加いただいた23名の方々、本当にありがとうございました!!

SON00667.JPG

*オフショットを含む写真アルバムはFacebookでチェック→ Kサロンアルバム
*次回Kサロンは6月26日に開催します。テーマ等の詳細はまたこちらでもお知らせします。

■これまでの様子はこちら
■この回の概要はこちら

(レポート)4月Kサロンを開催しました! | まちのみなさまにご挨拶

2019年04月25日(木)

IMG_1436.JPG

パーソナルなテーマで2時間 |

4月24日に開催したまちの交流会「Kサロン」。今回のテーマは「まちにご挨拶!新ディレクターの八崎篤ってどんな人!?」でした。4月からUDCKのディレクターとして勤務している八崎(わたしです)のキャリアの話を中心に、プライベートなことや単なる昔話までたくさんお話しさせて頂きました。

私自身に関するテーマだったので、どのくらいの方がいらっしゃるか不安でしたが、あいにくの雨にもかかわらず20名ほどの参加者さんがUDCKに集って、お酒や食べ物をつまみながら楽しんでいただけました。

今回はなんと「UDCKがどういう場所なのか気になっていて、今日は誰でも入れるイベントだと思って!」という中学生が塾に行く前に立ち寄ってくれました。(いつでも自由に入れる場所だからまた来てね!)

IMG_1435.JPG

IMG_1442.JPG

9つのカテゴリーで知ってほしい情報を |

時系列はまったく意識せず、9つのカテゴリーにまとめてキャリアを紹介させていただきました。一見まとまりのないキャリアが、一つ一つパネルを開けていくと最後に私がどういう人物なのかを理解できる(はず!)

IMG_1455.JPG

IMG_1476.JPG

IMG_1481.JPG

Kサロンで伝えたかったこと |

私自身を、そしてUDCKという施設が柏の葉のまちづくりにおいてどういう役割をになっているのかを、まちの人たちに知って欲しいという想いでお話しさせていただきました。ときおり参加者さんがみせる笑顔がとてもうれしく、つい予定より長く話してしまいました・・・。

IMG_1556.JPG

IMG_1514.JPG

Kサロンはとってもカジュアルなまちの交流会です!とは言うものの、UDCKの施設のドアを開けて入ってくるのはやはり勇気が必要だと思います。ぜひ一度、興味がありそうな活動やイベントに参加してみてください。

はじめましての方々もプレゼンの合間に和気藹々と交流しています!

IMG_1558.JPG

IMG_1562.JPG

ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございます。そして柏の葉キャンパスのみなさま、これからどうぞ宜しくおお願いいたします!

*次回Kサロンは5月29日に開催します。テーマ等の詳細はまたこちらでもお知らせします。

■これまでの様子はこちら
■この回の概要はこちら

(レポート)3月Kサロンを開催しました!

2019年03月28日(木)

 UDCKで月に一度開催しているまちの交流会、Kサロン。

 3月Kサロンは、「遠藤DがUDCK卒業! これから何するか作戦会議という名の送別会」というテーマで、UDCKディレクター遠藤(私)から、卒業後の拠点となる栃木県栃木市の紹介とこれからやろうとしていることについて発表させていただきました。

 自分自身で送別会を企画し、進行・プレゼンさせていただくという不思議な会ではありましたが、多くの方々にご参加いただき、本当にありがとうございました!私のこれからのプロジェクトに興味を持っていただけて嬉しい限りです。協業やコラボを本気で提案していただく方もおり、まさに柏の葉らしい会となりました!また、4月からの私の後任となる八崎篤さんの紹介もさせていただきました。

 毎月のKサロンを通して、街の皆さんとの交流を深めて考えていることを共有するとともに、街の様々な最新プロジェクトの紹介やちょっとした街の課題提起などをさせていただきました。一見、ただ飲んでいるだけのようにみえますが、実は非常に有り難く貴重な時間でした。これまでお付き合いいただき、誠にありがとうございました!

Kサロンはだいたい毎月最終水曜の夜に開催しています。次回もどうぞお楽しみに◎
(UDCKディレクター遠藤)

■日 時:2019/3/27[水]19:00〜21:00
■場 所:UDCK
■テーマ:遠藤DがUDCK卒業! これから何するか作戦会議という名の送別会
■参加費:お一人様1,000円(軽食代)
■主 催:柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)
■問合先:info[at]udck.jp([at]は@)
■予約は不要 途中入退室はご自由に
■お子様連れも大歓迎!
■これまでの様子はこちら
■概要はこちら

55552040_2306302492755084_8196316112225304576_o.jpg
54798447_2306302516088415_7749001564768960512_o.jpg
55495945_2306302579421742_1240101313421770752_o.jpg

活動レポート

月別

UDCKについて
柏の葉のまちづくり
柏の葉景観協議に関して
活動レポート
学習・研究・提案
実証実験・事業創出
デザインマネジメント
エリアマネジメント
ツアー・視察のご案内
UDCK mail news
お知らせ