活動レポート

HOME > 活動レポート > アーバンデザインを学び、構想する人たち

アーバンデザインを学び、構想する人たち

2010年11月26日(金)

UDCKではアーバンデザインの教育・啓発の一端として、東京大学大学院都市環境デザインスタジオと連携しています。

都市環境デザインスタジオについて→コチラ

10月より開講した今季はキャンパス駅前と柏ビレジを設計対象地として、東大・千葉大・理科大・筑波大の大学院生が「都市環境の再構築:地域とともに考える街のリノベーション」をテーマに12/22の発表会、来年1月29日のオープン報告会に向けグループワークで進めています。
実際に設計対象地の住民の方を招いたヒアリングや、現地見学、駅前広場設計チームの発表などの情報や交流・調査を進め、留学生が多いため「公用語は英語」なんてところもあり、毎週水曜午後は議論をしています。

udck_101126_1.JPG


専門教育を受けた学生の検討もある横で、本日柏第三中学校から3人の生徒さんが体験学習に訪れました。柏第三中学校がある豊四季台団地周辺とはまた違う風景や地域性を持つ柏の葉をまずは探検(踏査)してもらい、気付いたことをまとめ・そこから駅前を対象地に設計し(構想)、発表してもらいました(提案)。
生徒さん達には体験学習終了時に今日一日体験したことが、UDCKの主力業務のひとつであるアーバンデザインの実務の流れであり、スタッフ一同が日々行っていることとして伝えました。
感想や意見から提案として実際に敷地平面図に描いてもらう頃には、UDCKディレクター交え「あーでもないこーでもない、こうしよう!」が繰り返され、新鮮なアイディアも出て、UDCKとしても勉強となるとても楽しい時間となりました。

どの年代で都市を考える面白さに出会うかによって、将来まちへの関わり方・意識が変わると言っても過言ではありません。UDCKでは年齢問わず市民ひとりひとりがまちを考えるきっかけを提供し続ける役割があり、それは地域のみなさんと育てていくものなんだなと、今日一日の体験を通して感じたのでした。  (砂)

udck_101126_2.JPG

活動レポート

月別

UDCKについて
柏の葉のまちづくり
柏の葉景観協議に関して
活動レポート
学習・研究・提案
実証実験・事業創出
デザインマネジメント
エリアマネジメント
ツアー・視察のご案内
UDCK mail news
お知らせ