活動レポート

HOME > 活動レポート > (レポート)スマホでまちづくり Code for Kashiwa共催イベントを開催しました

(レポート)スマホでまちづくり Code for Kashiwa共催イベントを開催しました

2021年12月02日(木)

11月28日(日)、柏の葉で「オープンデータ」を活用した取り組みを開始する第一歩として、地域や行政のIT化を推進する協働グループCode for Kashiwaさんと共催でイベント「スマホでまちづくり」を開催しました。

手軽にみんなが持っているスマホで情報を集めると何がわかるようになるのか、どのように便利になるのかを体験するマッピングイベントと、もう少し踏み込んだ「データを集めるアプリをプログラミング『なし』で作る」というアプリ制作ワークショップを実施しました。

第一部 マッピングイベント 10:00-11:30

Code for Kashiwaの紹介、今回のイベント趣旨の説明の後、Code for Kashiwaで制作した「柏の葉シビックマップ」を使って、データを集めるとアプリ上にどのように視覚化されるのか体験してもらいました。
スマホアプリのマップには「ゴミがどこに落ちてた」「違法駐輪がありました」「横断歩道の欲しい場所」などなどたくさんのピンが立ちました。

集まったデータを見ながら他のことに活かせることはなんなのか?データが集まると何がわかって、何ができるのかを対話していきました。

SON00836.JPG
SON00840.JPG
SON00841.JPG

第二部 アプリ作成ワークショップ 14:00-15:30

第二部では集めたいデータを収集するためのツール作りを体験してもらいます。
プログラミング技術なしでも作れる「ノーコード」というツールを使ってアプリの制作を進めていきます。講師のお手本では5分で完成!
次は参加者さんがパソコンを使い、順番通りにアプリを作っていきます。確かにプログラミングの知識がゼロの私でもアプリができました。

SON00846.JPG
SON00848.JPG

UDCKとしてこのイベントを共催してみて、街の人の気づきや声がスマホ上に集まり可視化されることで、より良いまちづくりに活かせる可能性があると感じました。
また、シビックテック(市民が主体的に行政と連携し、テクノロジーを活用して社会課題を解決したり、生活の利便性を向上させるための取組)は柏の葉スマートシティをを推進する重要なエンジンになり得ると思います。

今後もCode for Kashiwaさんと協働して、さまざまな取り組みを進めていきます。

*今回参加者みんなで集めた「柏の葉シビックマップ」のデータです。あなたならこのアプリやデータをどのように活用しますか?
IMG_1060.jpg

活動レポート

月別

UDCKについて
柏の葉のまちづくり
柏の葉景観協議に関して
活動レポート
学習・研究・提案
実証実験・事業創出
デザインマネジメント
エリアマネジメント
ツアー・視察のご案内
UDCK mail news
お知らせ