活動レポート

HOME > 活動レポート > (レポート)みんスタ「フレイル予防AI編」第1回ワークショップを開催しました

(レポート)みんスタ「フレイル予防AI編」第1回ワークショップを開催しました

2022年04月28日(木)

開催日:2022年4月16日(土)9:00~12:00

みんなのまちづくりスタジオ

みんなのまちづくりスタジオは2020年12月から柏の葉でスタートした新しいプロジェクトです。
「世界の未来像」をつくる街、柏の葉スマートシティを推進するために、まちのユーザーである生活者を中心にして企業や行政、学術機関が共創していくプラットフォームとして誕生しました。
生活者の目線で新しいサービスや製品、プロジェクトなどを生み出すためにさまざまな実験的な手法を取り入れて運営していきます。

今回のテーマは「フレイル予防AI」

フレイル予防AIとはAIの技術を用いてフレイル(加齢により心身が老い衰えた状態)となるリスクの有無やレベルを自動で判別し、データとして見える化することでユーザーが自分自身の健康状態を把握できるようにするものです。
フレイルの予防に繋がるアドバイスをAIが利用者さんに提示し、行動変容を促すことを目指しています。生活者ひとりひとりに合った健康のアドバイスを提供できるフレイル予防AI技術と、住民の方を中心に、人々が集い、声を掛け合う共創の場であるみんスタを組み合わせることでより良いサービスの提供につながるのではないかという思いからプロジェクトが始動しました。

運営中心メンバーによる事前準備

プロジェクトを開始するにあたり、リビングラボの運営の中心となるメンバー(フレイル予防AI技術の開発者、住民とのワークショップ運営を行うメンバーなど)で3回の内部ワークショップを行い、フレイル予防AI技術が、どんな生活に馴染むサービスになりうるのかが見えてこないという現状の課題を共有し、住民の方と一緒にアイデアを考える橋渡しをするためのユーザーストーリーを2つ考えました。

1つ目のユーザーストーリーでは高齢男性が朝起きて、朝食をとり、車に乗ってスーパーに買い物に行く様子から始まります。その途中、男性は信号でアクセルを踏み間違えて事故を起こしてしまいます。目撃者が通報して、男性が警察の捜査を受けるまでの流れが描かれています。

2つ目のユーザーストーリーでは女性が病院に向かうところから、医師の診断を終えて自宅に戻り処方された薬を服用するまでの一連の流れが描かれています。

userstory2_1.jpeg
userstory2_2.jpeg

そして、いよいよ一般の参加者を巻き込んでプロジェクトを開始していきます。

第1回ワークショップ開始

フレイル予防AIを用いてフレイルの予防に繋がるアドバイスを患者さんに提示し、行動変容を促すサービスのアイデアを考案し、実装していく取り組みの一環として第1回目のワークショップを開催しました。
今回のワークショップでは「日常生活の課題や困りごとをフランクに話すこと」「ユーザーストーリーを基に健康に関する課題を出し、課題解決のためのアイデアを考えること」を目的に参加者は話し合いを行いました。
DSC00403.jpeg
DSC00414.jpeg

ユーザーストーリーから日頃の生活を振り返る

今回は柏の葉にお住いの高齢者、そのご家族、医療関係の方々合わせて12名が参加されました。参加者は3グループに分かれて自己紹介を行い、テーブルに並べられたユーザーストーリーを見て「この時のこの行動ができないんだよね」「こういうこともしている」ということをご自身の体験や経験から語り合いました。睡眠、食事に関しては「薬がないと夜眠れない」「カロママで食事の栄養バランスを管理している」といった意見が出ました。
また、外出や移動に関しては友人同士や家族が高齢者の運転を危険だとわかっていても注意できず、運転免許返納の判断が難しいといった話題や、実際に事故を起こした時の状況の説明がうまくできないといった話題が上がりました。

DSC00413.jpeg
DSC00419.jpeg
DSC00427.jpeg

グループで課題や困りごとを出し合うと今度は出てきた課題に対して可能となる解決策を考えます。参加者はご自身の経験から「薬を一包化してくれる薬局もあるよ」「病院の窓口がひとつにまとまってるといいのにね」というようにアイデアを次々と出していきました。

次に2つ目のユーザーストーリーについても同じように課題や、ストーリー内に足りない要素がないかを話し合い、アイデア出しを行いました。実際に病院内でのシーンでは「待合室を社交の場と捉えている人もいるよね」「医師の前だと伝えたいことをうまく言えない」といった話が出てきました。
参加者は実体験に基づいた課題やエピソードを次々に出していき、休憩時間もお話しするほど熱心に語られていました。

DSC00422.jpeg
DSC00435.jpeg
DSC00441.jpeg
DSC00501.jpeg
ワークショップ後に行った参加者アンケートでは、82%の参加者が、ユーザーストーリーをもとにした対話が、自分の抱える身体的・精神的・社会的健康上の課題や悩み、困りごとを他の参加者に伝えるのに役立ったと答えました。ユーザーストーリーが、初対面の方々の対話のハードルを下げ、日常の生活に視点を集中させる効果を垣間見ることができました。

午後からは運営メンバーのみで具体的なアイデア創出に向けてのワークショップを行いました。午後の部のレポートも楽しみにお待ちください!
今回出てきたみなさんの課題やアイデアがどのような形で実装されるのか、今後の活動が楽しみです。

活動レポート

月別

UDCKについて
柏の葉のまちづくり
柏の葉景観協議に関して
活動レポート
学習・研究・提案
実証実験・事業創出
デザインマネジメント
エリアマネジメント
ツアー・視察のご案内
UDCK mail news
お知らせ