お知らせ

HOME > お知らせ

K SCREEN「気候戦士~クライメート・ウォーリアーズ~」〜柏の葉のソーシャルシネマ上映会〜

2021年09月03日(金)

K SCREENとは

柏の葉アーバンデザインセンター UDCKが月に1度ミニシアターになり、まちの人と映画を鑑賞する映画上映会です。
取り上げる映画のテーマは全て「SDGs」に関するものです。

SDGs=持続可能な開発目標や環境について、自分たちのまちやそれぞれの生活スタイルについて考えて対話するきっかけとして「ソーシャルシネマ」を活用します。

K SCREENの過去レポートは こちら からご確認ください。
チケットはONLINEで販売します。
こちらよりご購入ください。
初回参加の方は無料です!!

158920791_4010606732324643_1827808379547939216_n.jpeg
*配信はUDCKのラウンジより
187150369_4313564748656320_2311197980219570737_n.jpeg
(オンラインのみの上映です)

ーー

今回の上映作品 「気候戦士~クライメート・ウォーリアーズ~」

About /the film
気候変動は人類への脅威であり緊急な対策が求められている。しかしドナルド・トランプ大統領は、気候変動抑制に関する国際協定パリ協定から脱退を宣言し、石炭復活策を進めるなど時代と逆行した行動を重ねている。他方、アーノルド・シュワルツェネッガー元カリフォルニア州知事は、州知事時代に温暖化効果ガスは汚染物質だと認めさせるために米国政府機関を提訴。17歳の先住民でヒップホップ・アーティストのシューテスカット・マルティネスは、人類の生存を揺るがす喫緊の課題に立ち向かう若手の気候活動リーダーだ。彼も若者達と気候変動に消極的な米国政府を提訴している。太陽光、揚水、水素やバイオガス発電など再生可能エネルギー100%転換のための技術は揃っている。映画『第4の革命』の成功から7年。カール-A・フェヒナー監督が気候変動を阻止するために制作した渾身のドキュメンタリー。
More info
産業革命以後、温暖化効果ガスの増大で気温上昇が続き人類の未来は暗い。人々は移民を余儀なくされ、地球環境の汚染が続いている。気候変動は人類への脅威であり緊急な対策が求められている。しかし世界第2位の二酸化炭素排出国米国のドナルド・トランプ大統領は、気候変動抑制に関する国際協定パリ協定から脱退を宣言し、石炭復活策を進めるなど時代と逆行した行動を重ねている。他方、アーノルド・シュワルツェネッガー元カリフォルニア州知事は、州知事時代に温暖化効果ガスは汚染物質だと認めさせるために米国政府機関を提訴。脱炭素と草の根運動の重要性を訴えている。

17歳の先住民でヒップホップ・アーティストのシューテスカット・マルティネスは、人類の生存を揺るがす喫緊の課題に立ち向かう気候戦士で、若手の気候活動グローバルリーダーだ。彼もまた、若者達と気候変動に消極的な米国政府を提訴している。発明家エディ・クラウスは孫の世代のために藁を活用したバイオマス発電を実用化した。その他、太陽光、揚水、水素やバイオガス発電など再生可能エネルギー100%転換のための技術は揃っている。映画『第4の革命』の成功から7年。カール-A・フェヒナー監督はこう呼びかける。「立ち上がろう!そして100%再生可能エネルギー実現のために今こそ行動しよう!」と。
---

地球が危ない 人類が危ない
気候変動を止める 私たちは挑む

気候変動を止める気候活動家(気候戦士)たちの挑戦に密着したドキュメンタリー

この映画は「未来へのデジャブ」だ。
前作で描かれた自然エネルギー革命のように、
気候革命も草の根で克服される未来への希望
が描かれている。

- 飯田哲也(いいだてつなり)/環境エネルギー政策研究所 所長」

07_16.9.jpg
08_16.9.jpg
15_16.9.jpg
(c) fechnerMEDIA

Data
原題 Climate Warriors
製作年 2018年
製作国 ドイツ
制作 フェヒナー・メディア
配給 ユナイテッドピープル
時間 86分

Cast & Staff
監督 カール-A・フェヒナー
プロデューサー カール-A・フェヒナー
音楽 ゲルハルト・ダウム、ラルフ・ヴィーンリッヒ、エカート・ガドウ
撮影 フィリップ・バベン・デア・エルデ
編集 バンハート・レディッヒ、デイヴィッド・グロシュカ
キャスト アーノルド・シュワルツェネッガー、カール-A・フェヒナー、ハンス・ヨーゼフ・フェル、ガナ・グラッドキーク、フランク・ギュンテル、クラウディア・ケンファート、エディ・クラウス、ライナー・マンゴールド、シューテスカット・マルティネス、カイラ・ペック、ジョイレット・ポートロック、シュテファン・ラムラー、マーティン・ランデルホフ、アミール・ロガニ、ニッキー・シルヴェストリ

イベント詳細

・日時:2021年9月15日(水)
1)昼の部14:00-16:00
2)夜の部19:00-21:00
・オンライン(ZOOM)での配信です。
・チケットは Peatix で入手できます。

[当日のタイムテーブル]
1)K SCREEN昼の部のタイムテーブルです。

[昼の部]
13:45 ZOOM上映オープン
14:00 あいさつ、注意事項など
14:10 「気候戦士~クライメート・ウォーリアーズ~」上映(本編86分)
15:36 上映終了(休憩)
15:40 ディスカションの時間(任意)
16:00ごろ 終了

2)K SCREEN夜の部のタイムテーブルです。
[夜の部]
18:45 ZOOM上映オープン
19:00 あいさつ、注意事項など
19:10 「気候戦士~クライメート・ウォーリアーズ~」上映(本編86分)
20:36 上映終了(休憩)
20:40 ディスカションの時間(任意)
21:00ごろ 終了


<ご注意点>

上映会参加にあたっては以下のご準備をお願いいたします。
1)パソコンもしくはZOOMアプリをインストールしたスマートフォン、タブレット
2)高速インターネット回線(回線速度によっては、画質が大幅に落ちる場合があります)
※なおオンライン上映の特性上、回線速度にかかわらず、DVD鑑賞等と比べて画質は落ちますのでご了解のうえご参加ください。
・上映中の様子の録画・録音は主催者、参加者ともに禁止となります。
・映画の権利の関係上、ご参加は日本国内在住者のみとさせていただきます。

オンラインzoomのご利用が初めての方へ
・当日は上映15分前から接続確認のためにzoomを立ち上げます、接続に不安がある方はお早めにアクセスをお願いします。
・当日、どうしても接続できなかった方には、ご状況を確認の上、料金を返金させていただきます。

K SCREEN「最後の楽園コスタリカ ~オサ半島の守り人~」〜柏の葉のソーシャルシネマ上映会〜

2021年08月10日(火)

K SCREENとは

柏の葉アーバンデザインセンター UDCKが月に1度ミニシアターになり、まちの人と映画を鑑賞する映画上映会です。
取り上げる映画のテーマは全て「SDGs」に関するものです。

SDGs=持続可能な開発目標や環境について、自分たちのまちやそれぞれの生活スタイルについて考えて対話するきっかけとして「ソーシャルシネマ」を活用します。

K SCREENの過去レポートは こちら からご確認ください。
チケットはONLINEで販売します。
こちらよりご購入ください。

158920791_4010606732324643_1827808379547939216_n.jpeg
*配信はUDCKのラウンジより
187150369_4313564748656320_2311197980219570737_n.jpeg
(緊急事態宣言下により8/18はオンラインのみの上映になりました)

ーー

今回の上映作品 「最後の楽園コスタリカ ~オサ半島の守り人~」

about the film
地球上の宝石のような自然豊かな国コスタリカ
コスタリカは、1948年に軍隊を撤廃した非武装永世中立国。平和で社会福祉が充実し、国民の幸福度も高い。

しかし、世界的により知られているコスタリカの魅力は豊かな自然だ。コスタリカは世界的にエコツーリズムの発祥の地として知られ、人気のデスティネーションとなっている。広大なアメリカ大陸のど真ん中、中米に落とされた宝石のような存在で、四国と九州を合わせた程度の大きさに、地球上の全動植物種の約5%が生息しており、単位面積当たりの生物多様性世界一とされている。そして、国土の約4分の1を自然保護区または国立公園にしている。

More info
乱開発で一時は激減した森林を復活させた「守り人」たち

そんなコスタリカの南西に、地上で最も生態系が豊かな場所、オサ半島がある。まさに地球上の至宝であるこの豊かな自然も、無計画な伐採や採掘で消滅する危機があった。一時期、コスタリカでは森林面積が約2割まで激減。

しかし、「守り人」たちの活躍で、半島の森では今もジャガーが歩き、コンゴウインコが羽ばたき、岸辺にはザトウクジラの姿も見られる。これは半島保護に人生を捧げた人々の物語で、「コスタリカ国立公園の父」と讃えられるアルバロ・ウガルデやエコロッジのオーナー等が登場する。気候変動への対策が急がれる今、オサ半島の成功は世界が学べるモデルを示している。

2.jpg
main_cos.jpg
Data
原題:OSA: The Jewel of Costa Rica
製作年:2015年
製作国:アメリカ
制作:Inflection Studios
配給:ユナイテッドピープル
時間:51分
Cast & Staff
監督:オースティン・アンドリュース
製作総指揮:バリー・アンドリュース
プロデューサー:ドシー・アンドリュース

[当日のタイムテーブル]
K SCREENのタイムテーブルです。

[昼の部]
13:45 ZOOM上映オープン
14:00 あいさつ、注意事項など
14:10 「最後の楽園コスタリカ ~オサ半島の守り人~」上映(本編51分)
15:01 上映終了(休憩)
15:10 ディスカションの時間(任意)
16:00 終了

[夜の部]
18:45 ZOOM上映オープン
19:00 あいさつ、注意事項など
19:10 「最後の楽園コスタリカ ~オサ半島の守り人~」上映(本編51分)
20:01 上映終了(休憩)
20:10 ディスカションの時間(任意)
21:00 終了

[イベント詳細]
日時:2021年8月18日 1)昼の部 14:00-16:00 / 2)夜の部 19:00-21:00
オンライン(ZOOM)での上映
チケット¥800-/人 → こちら
主催:UDCK

<ご注意点>
上映会参加にあたっては以下のご準備をお願いいたします。
1)パソコンもしくはZOOMアプリをインストールしたスマートフォン、タブレット
2)高速インターネット回線(回線速度によっては、画質が大幅に落ちる場合があります)
※なおオンライン上映の特性上、回線速度にかかわらず、DVD鑑賞等と比べて画質は落ちますのでご了解のうえご参加ください。
・上映中の様子の録画・録音は主催者、参加者ともに禁止となります。
・映画の権利の関係上、ご参加は日本国内在住者のみとさせていただきます。

オンラインzoomのご利用が初めての方へ
・当日は上映15分前から接続確認のためにzoomを立ち上げます、接続に不安がある方はお早めにアクセスをお願いします。
・当日、どうしても接続できなかった方には、ご状況を確認の上、料金を返金させていただきます。

K SCREEN「グリーン・ライ〜エコの嘘〜」〜柏の葉のソーシャルシネマ上映会〜

2021年06月29日(火)

K SCREENとは

柏の葉アーバンデザインセンター UDCKが月に1度ミニシアターになり、まちの人と映画を鑑賞する映画上映会です。
取り上げる映画のテーマは全て「SDGs」に関するものです。

SDGs=持続可能な開発目標や環境について、自分たちのまちやそれぞれの生活スタイルについて考えて対話するきっかけとして「ソーシャルシネマ」を活用します。

K SCREENの過去レポートは こちら からご確認ください。
チケットはONLINEで販売します。
こちらよりご購入ください。

158920791_4010606732324643_1827808379547939216_n.jpeg
*配信はUDCKのラウンジより
187150369_4313564748656320_2311197980219570737_n.jpeg
*夜の部はUDCKラウンジの大きなスクリーンで上映します
(新型コロナ感染症対策によりオンラインのみになる場合があります)
ーー

今回の上映作品 「グリーン・ライ〜エコの嘘〜」

監督が世界一周しながら「エコの嘘」の実態を体当たり取材!
この映画を観たら気軽にスーパーで買い物できなくなるかもしれない。

About the film
スーパーで見かける「環境に優しい」商品。
商品を買うと世界を救えるは本当?確かめるため監督自身が世界一周調査の旅へ出る。

「環境に優しい」「サステナブル」耳触りの良い言葉の裏側に隠された残酷な真実に迫るドキュメンタリー。

More info
スーパーで見かける「環境に優しい」商品。買うだけでオランウータン、海、そして熱帯雨林まで救えるというが本当だろうか?
確かに「お買い物は投票」というように一人ひとりの消費行動は企業に影響を与える力がある。でも、本当に正しく消費するだけで世界を救えるのだろうか?

ヴェルナー・ブーテ監督は、グリーンウォッシングの専門家カトリン・ハートマンとスーパーを訪れ、カップスープ、ピザやドレッシングなど多くの既製品に「持続可能な」と表示のあるパーム油が使われていることを知る。「持続可能なパーム油なんてない」と主張するカトリンに驚き、実態が知りたくなった監督は世界一周航空券を買い、ハートマンと一緒に旅に出た。

2人がまず向かったのは、パーム油の生産量世界一のインドネシアだ。現地の活動家の案内で、数日前まで熱帯雨林だったがパーム油農園を拡大するため企業により不法に焼き尽くされた土地を訪れると、監督はその痛ましい惨状を見て絶句する。どうしても普段の買い物と、森林破壊が結びつかない。どうすれば環境破壊をせずに済むのか?買わないことなのか、正しい消費の選択をすることなのか? 2人はブラジル、ドイツ、米国を巡って、様々な業界の実態を調べていく。そして著名な学者ノーム・チョムスキーなどに解決方法を聞きに行く。

持続可能な未来のために、私たち一人ひとりがどう行動するべきか問うドキュメンタリー。

Data
原題 The Green Lie
製作年 2018年
製作国 オーストリア
制作 e&a film
配給 ユナイテッドピープル
時間 97分

Cast & Staff
監督 ヴェルナー・ブーテ
プロデューサー マーコス・ポーゼー、エリッヒ・シンドレカ
脚本 ヴェルナー・ブーテ、カトリン・ハートマン
撮影 ドミニク・シュプリッツェンドルファー、マリオ・ホッチル
編集 ガーノット・グラスル、ローランド・ブッジー
キャスト ヴェルナー・ブーテ カトリン・ハートマン ノーム・チョムスキー ラージ・パテル ヴィンセント・ハンネマン ディーン・ブランチャード スコット・ポーター ソニア・グァジャジャラほか

当日のタイムテーブル
K SCREENのタイムテーブルです。

[昼の部]
13:45 ZOOM上映オープン
14:00 あいさつ、注意事項など
14:10 「グリーン・ライ〜エコの嘘〜」上映(本編97分)
15:47 上映終了(休憩)
15:50 ディスカションの時間(任意)
16:00 終了

[夜の部]
18:45 ZOOM上映オープン
19:00 あいさつ、注意事項など
19:10 「グリーン・ライ〜エコの嘘〜」上映(本編97分)
20:47 上映終了(休憩)
20:50 ディスカションの時間(任意)
21:00 終了

イベント詳細

・日時:2021年7月21日(水)
1)昼の部 14:00-16:00
2)夜の部 19:00-21:00

・場所 UDCK もしくは オンライン
1)昼の部はオンラインのみ
2)夜の部はUDCKとオンラインの併用です

・チケット購入方法
-オンライン → Peatix
-UDCKの受付でも購入可能です

<ご注意点>
上映会参加にあたっては以下のご準備をお願いいたします。
1)パソコンもしくはZOOMアプリをインストールしたスマートフォン、タブレット
2)高速インターネット回線(回線速度によっては、画質が大幅に落ちる場合があります)
※なおオンライン上映の特性上、回線速度にかかわらず、DVD鑑賞等と比べて画質は落ちますのでご了解のうえご参加ください。
・上映中の様子の録画・録音は主催者、参加者ともに禁止となります。
・映画の権利の関係上、ご参加は日本国内在住者のみとさせていただきます。

オンラインzoomのご利用が初めての方へ
・当日は上映15分前から接続確認のためにzoomを立ち上げます、接続に不安がある方はお早めにアクセスをお願いします。
・当日、どうしても接続できなかった方には、ご状況を確認の上、料金を返金させていただきます。

お知らせ

月別

カテゴリ別

UDCKについて
柏の葉のまちづくり
柏の葉景観協議に関して
活動レポート
学習・研究・提案
実証実験・事業創出
デザインマネジメント
エリアマネジメント
ツアー・視察のご案内
UDCK mail news
お知らせ